2008年10月24日

決勝出場者の自己紹介ビデオを公開します。

先週の日曜日に、スピーチコンテストの最終予選が開かれ、決勝に出場する10名が決まりました。もう本番まで十日を切りましたので、決勝出場者の自己紹介ビデオを、本番の発表順にご紹介します。(審査対象のスピーチではありません)

第一番の発表は、ファム・レ・ダ・フオンさんです。タイトルは「幸せの抱っこ」。最終予選では美しいアオザイを着て発表してくれました。


二番目に発表するのはD.T.H.チャンさんです。タイトルは「生徒たちはどこへ行く」。ベトナムの教育問題について、鋭い考察を披露してくれます。


チャンさんの日本語ブログはこちらです。
http://japanvietnam.seesaa.net/


三番目の発表は、N.N.ウェンさんです。タイトルは「金の腕輪と銀の指輪」。非常にメッセージ性の強い発表でした。


ウェンさんのブログはこちらです。
http://hanoi2008.seesaa.net/


四番目の発表は、フエのニーさんで、タイトルは「香りの川」ですが、中部代表としての発表なので、自己紹介ビデオの撮影された二次予選には来場していません。

小樋山所長による中部大会の感想はこちらにあります。
「フエの学生も上手(じょうず)だぞ!」
http://lehoitiengnhat.seesaa.net/article/106303469.html

ニーさんの写真は、こちらでも見ることができます。
「本選出場者が一名決定!」
http://lehoitiengnhat.seesaa.net/article/106180258.html


五番目の発表は、H.M.フオンさんです。タイトルは「微笑みのない国」。


フオンさんのブログはこちらです。
http://tokyohanoi.seesaa.net/


この五人の発表の後、休憩とパフォーマンスが入ります。

そして六番目の発表は、T.T.T.フオンさんです。タイトルは「私の約束」。


T.T.T.フオンさんのブログはこちらです。
http://vjcc2008.seesaa.net/


七番目の発表は、P.M.フエさんです。タイトルは「ベトナムに巴学園を」。戦後、日本でもっとも多く売れた本を書いた女性について話してくれます。



八番目の発表は、N.T.T.ヒエンさんです。タイトルは「ゴミは友達」。JICAの人は必見ですよ。

ヒエンさんのブログはこちらです。
http://hanoitokyo2008.seesaa.net/


九番目の発表は、V.T.ハオさんです。タイトルは「自分のため?家族のため?」。日本とベトナムの学生の考え方の違いについて、話してくれます。

ハオさんのブログはこちらです。
http://vietjapa2008.seesaa.net/


そして、最後の発表は、B.P.タオさんです。タイトルは「ファンになったときから」。とても自分らしいことばで話してくれます。

タオさんのブログはこちらです。
http://vietnamjapan.seesaa.net/


動画を見て出場者の皆さんに会いたくなった人は、ぜひ、11月2日の決勝大会へご来場ください!

なお、最終予選の出場者全員の自己紹介動画は、こちらでごらんになれます。
http://www.youtube.com/profile_videos?user=VJCCHN

posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

二次予選参加者のブログがスタートしました!

VJCC日本語まつりスピーチコンテスト参加者によるブログがスタートしました。ベトナムの優秀な日本語話者を探している方は、ぜひアクセスしてください。

現在は、以下の四つのブログにエントリーがあります。

Thaoさんのブログ
http://vietnamjapan.seesaa.net/
なんだか、その大学大丈夫か?と心配になりますが、きっと大丈夫なんだと思います。

Trangさんのブログ
http://japanvietnam.seesaa.net/
ちょっと悲しいですが、ブログを書いていたらきっと来年は大丈夫なのではないかと思います。

Phuongさんのブログ
http://vietjapa.seesaa.net/
残念ながら決勝進出はなりませんでしたが、「狐はなぜ死んだか」というスピーチが全部ここで聞けます。日本の昔話を題材に日本とベトナムの文化比較を論じる内容で、私は非常にレベルの高い内容だと思っています。

上とは別のPhuongさんのブログ
http://vjcc2008.seesaa.net/
日本のアニメが好きな人でしょうか。ポスト宮崎駿世代の旗手、新海誠 監督の映画の主題歌が紹介されています。

今後もブログの数も、それぞれのブログの記事の数も増えていきますので、またこちらでご紹介させていただきます。よろしくお願いいたします。


posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

スピーチコンテスト本選出場者が決定!

昨日、日本語まつりスピーチコンテストの最終予選が行われ、本選出場者が決定しました。以下のとおりです。



ベトナム語の表示がうまくいきませんが、上が読めない人のために、記号なしのアルファベットでも書いておきますね。

1 Pham Le Da Huong
2 Do Thi Huyen Trang
3 Vu Thi Hao
4 Ho Thi Thao Nhi
5 Hoang Mai Huong
6 Tran Thi Thu Phuong
7 Pham Minh Hue
8 Ngo Thi Thu Hien
9 Nguyen Ngoc Uyen
10 Bui Phuong Thao

決勝に出場するみなさん、おめでとうございます!

posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

ハノイ大学の発表を少しだけご紹介します。

前回までで、予選通過できなかった人たち(団体発表のみ)のご紹介は終わりましたので、今日からは予選を通過して本選に出場する人たちの発表をご紹介します。

今日はハノイ大学の「桜」です。

ご紹介とはいっても、やはり本選で見ていただくのが本来の姿なので、残念ですが18秒だけの短い映像です。



いやー、すごく幻想的ですよね。この後にもっと現代的でエネルギッシュな部分が続くのですが、それは本選でご覧くださいませ。

本選は11月2日です。皆様のご来場をお待ちしております!


posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

FPT大学の発表をご紹介します。

日本語コース運営専門家 村上吉文


ベトナムで日本語を勉強している皆さん、こんにちは!

今日はFPT大学の発表の様子をご紹介します。
FPT大学は、ベトナムで最大のIT会社FPTが作った大学です。FPT社の売り上げの半分以上が日本市場向けのシステム開発というで、FPT大学でも、日本語が熱心に学ばれています。

この動画でも、彼らの熱さが伝わると思いますので、ぜひご覧ください。



そろいの衣装でにぎやかに踊ってくれました。
審査員の年齢がもう少し若かったら、本選に出場できていたかもしれませんね。

来年もぜひ頑張ってください!

本選に進めなかったグループの発表は、今日でとりあえず終わりにします。

次回からは、本線に出場する人たちの様子を、ほんの少しだけご紹介していきますね。

では!

posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

貿易大学「つばさ」による「3月9日の歌」

日本語コース運営専門家 村上吉文


VJCC日本語まつりパフォーマンス部門予選に出場してくれたみなさん、こんにちは!

今日も引き続き、10月4日におこなわれた、日本語まつりパフォーマンス部門の予選の様子をご紹介します。

今回ご紹介するのは、貿易大学のみなさん(グループ名「つばさ」)の合唱です。舞台衣装までそろえて出場してくれました。

最初は伴奏がとまってしまって、それでもがんばって最後まで歌ってくれましたね。

以下の動画は、伴奏の調整をした後の、歌いなおしの様子です。




今回は出場なりませんでしたが、来年もぜひご参加ください!
posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ハノイ工科大学のみなさんの発表をご紹介します。

日本語コース運営専門家 村上吉文


今日は、日曜日に行われたパフォーマンス部門一次予選のハノイ工科大学の発表をご紹介します。

男子校的なド迫力と、オタク的なギャグが絶妙に融合した、いかにも工科大学らしい発表で、私は個人的にとても好きでした。

提携先の松田先生も
HUTのよさこい、バカ受けしながら見せていただきました。
いいものをアップロードしてくださり、ありがとうございます。
http://mongolia.seesaa.net/article/107591568.html
とおっしゃっています。

では、ハノイ工科大学の「Sooranboshi」をお楽しみください。



ハノイ工科大学の皆さん、お疲れ様でした!
来年もぜひご参加ください。

posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

パフォーマンス部門の一次審査、無事終了!

日本語コース運営専門家 村上吉文


日本語を勉強しているみなさん、こんにちは!

今日はVJCCに来てくれて、本当にありがとうございました。
でも、来ることができなかった人もいるでしょうから、これから何回かに分けて、今日のビデオを紹介します。

まずは、審査結果の発表の瞬間です。



ビデオのとおりですが、本選への出場者は以下の四組です。
 ・タンロン中学校 Nguyen Minh Thiさん
 ・ハノイ大学 Nguyen Thi Tuyetさんたち
 ・Hanoi JC ハノイ日本語クラブのみなさん
 ・貿易大学 Big Familyのみなさん

合格した人、おめでとうございます!
でも、合格しなかったグループにも、とてもいい発表がありましたよ。

明日からは、11月2日に出場できない人たちの発表もご紹介していこうと思います。
みなさん、おたのしみに!

posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

スピーチコンテスト一次審査の結果発表!

日本語コース運営専門家 村上吉文


スピーチコンテストに応募してくださった皆様、本当にありがとうございました。おかげさまで88人もの皆さんから熱い原稿をいただくことができました。これも、Yahoo360などで広報活動に協力してくださったみなさんのおかげです。

さて、一次審査は以下の審査員により、厳正に行われました。
・伊藤愛子国際交流基金日本語教育専門家
・福永達士国際交流基金指導助手
・渡辺梓JENESYS日本語教師
・佐藤豊JICA専門家(VJCC)
・村上吉文(同上)
・平賀牧恵(元)国際交流基金日本語教育専門家
・横田佳奈VJCCインターン

その結果、一次予選に合格して、二次予選に出場できる人は、以下の20人です。


一番下までスクロールして見てください。

おめでとうございます!

ただし、この中に名前がない人も、決して日本語の勉強をあきらめないでください。とてもいい作品も、もっとたくさんありました。実は、私が一番感動した作品も、この中に入っていません。

合格した人は二次審査が10月19日にありますから、その日は予定を入れないで待っていてください。練習もたくさんしておいてくださいね。

では!

posted by 日本語フェスティバルスタッフ at 19:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。